ダイエットのために重要な食事

ダイエットのためには食事が大切

ダイエット方法で一番大切なのは、食事になってくる。次に大切なのは運動法です。どれだけ運動でクランチ運動(腹筋)しても、おなかが減らないという方はカロリーの取りすぎか、運動方法が悪い。よく聞くのが「運動しているけど、なかなかお腹が痩せない」という方がいますが、一番無理しなくて意識するだけで痩せる方法を伝えます。

 

 

運動して食べないという(ファスティング(断食))のが一番痩せるのですが、そうにはいかな方は、日頃の運動(消費カロリー)と食事(接取カロリー)のカロリーを計算していくのが大事です。ご飯(米)が一番口にする食品と思うので、米のカロリーを書いておきます。

 

ご飯、1膳分、140g。同左、重さ:140g カロリー:235kcalで、ご飯、子供茶碗に一杯分、100g。同左、重さ:100g カロリー:168kcalで、どんぶり飯、これは 240gと考えて同左、重さ:240g カロリー:403kcalとなります。しかし、大よそのカロリー表示なのでよく考えてから摂取することです。

 

運動(消費カロリー)はいつでもどこでもできるウォーキングとジョギングの消費カロリーを書きます。

 


歩行 4km/時、1分間 2.79 kcal、1km 41.84 kcal
歩行 5km/時、1分間 3.90 kcal、1km 46.80 kcal
歩行 6km/時、1分間 5.70 kcal、1km 57.00 kcal
ジョギング 8km/時1分間 7.28 kcal1km 54.60 kcal
ジョギング 10km/時、1分間 7.76 kcal、1km 46.55 kca
lジョギング 12km/時1分間 8.23 kcal、1km 41.15 kcal

 

です。

 

参考にして計算してみておよそカロリーを計算すると」良いと思います。あと人には生きていくための必要最低限の消費カロリーである基礎代謝というものがあります。その基礎代謝の数字は男性が約1,539〜1,847kcalで、女性が約1,307〜1,569kcalです。この数字も計算に入れながら、1日の摂取カロリーを計算すると無理なく痩せていきます。

 

あと食事の工夫として、よく噛んで満腹中枢を脳から出す事も大切です。「食べる」、「食べない」を決めるのは脳の神経(気持ち)で決めるので、「よく噛む」のもお勧めです。